いつ妊娠したの?知っておきたい妊娠0週目〜1週目のコト

ベイビーズ運用スタッフの都木(タカギ)です。

今回は
『いつ妊娠したの?知っておきたい妊娠0週目〜1週目のコト』
についてお伝えします。

目次
1 妊娠0週〜1週目の赤ちゃんの様子
2 妊娠0週〜1週目のママの様子
3 赤ちゃんが欲しいと決めたら、カラダをつくろう!
3.1 産めるカラダづり7のコト
3.1.1 体脂肪を味方にしよう
3.1.2 入浴をしよう
3.1.3 バランスのいい食事を意識して、三食食べよう
3.1.4 貧血を改善しよう
3.1.5 筋肉をつけよう
3.1.6 良質な睡眠を心がけよう
3.1.7 定期的に検査を受けよう
4 子育てはママのおなかの中から始まっている
4.1 赤ちゃんのためにやめておきたい 7のコト
4.1.1 タバコをやめる
4.1.2 お酒をやめる
4.1.3 安易に薬を飲まない
4.1.4 カフェインを控えめに
4.1.5 サプリメント、美容ドリンクも気をつけて
4.1.6 かかとの低い靴で出かけよう
4.1.7 人混みには気をつけて

ぜひ参考にしてみてください!
次回もお楽しみに♬

赤ちゃんの成長を食でサポート!知っておきたい妊娠8週目のコト

ベイビーズ運用スタッフの都木(タカギ)です。

今回は
『赤ちゃんの成長を食でサポート!知っておきたい妊娠8週目のコト』
についてお伝えします。

目次
1 妊娠8週目の赤ちゃんの様子
1.1 赤ちゃんの大きさと体・骨の成長
1.2 脳や頭部が成長します
2 妊娠8週目のママの様子
2.1 胸部に変化が現れます
2.2 食にも変化が
2.3 感染症に気をつけて
3 静脈瘤になることも
4 食事で赤ちゃんの成長をサポート
4.1 赤ちゃんの骨の成長のために
4.2 血液を増やすためにも
4.3 ビタミンKを摂りましょう

ぜひ参考にしてみてください!
次回もお楽しみに♬

赤ちゃんの心拍が確認できる!知っておきたい妊娠7週目のコト

ベイビーズ運用スタッフの都木(タカギ)です。

今回は
『赤ちゃんの心拍が確認できる!知っておきたい妊娠7週目のコト』
についてお伝えします。

目次
1 妊娠7週目の赤ちゃんの様子
1.1 赤ちゃんの大きさ
1.2 脳の発達
1.3 体の発達
1.4 内臓器官の発達
2 妊娠7週目のママの様子
2.1 気持ちが不安定になります
2.2 妊娠悪阻に注意して
2.3 つわりをやわらげるために
2.4 肌荒れの症状も
2.5 ケーゲル体操
3 食事で赤ちゃんの成長をサポート
3.1 朝食をしっかり食べよう
3.2 たんぱく質をしっかり摂ろう
3.3 日本人が不足しがちなカルシウム
3.4 木の実には必須脂肪酸が豊富

ぜひ参考にしてみてください!
次回もお楽しみに♬

ママのお腹の部分にも変化が!知っておきたい妊娠6週目のコト

ベイビーズ運用スタッフの都木(タカギ)です。

今回は
『ママのお腹の部分にも変化が!知っておきたい妊娠6週目のコト』
についてお伝えします。

目次
1 妊娠6週目の赤ちゃんの様子
1.1 赤ちゃんの脳の成長
1.2 赤ちゃんの体の成長
2 妊娠6週目のママの様子
2.1 出産予定日がわかります
2.2 リラックスすることが大切
2.3 水分補給は欠かさずに
3 食事で赤ちゃんの成長をサポート
3.1 大豆を積極的に食べよう
3.2 毎日コップ1杯の牛乳で栄養を補おう
3.3 脂肪分も適正量なら味方です
3.4 卵は完全栄養食
4 なぜ妊娠中のアルコールは厳禁?
5 1人目と2人目、ママの感じ方は違う?

ぜひ参考にしてみてください!
次回もお楽しみに♬

妊娠のサインを強く感じる、知っておきたい妊娠5週目のコト

ベイビーズ運用スタッフの都木(タカギ)です。

今回は
『妊娠のサインを強く感じる、知っておきたい妊娠5週目のコト』
についてお伝えします。

目次
1 妊娠5週目の赤ちゃんの様子
1.1 頭部が作られはじめます
1.2 心臓が動き出します
1.3 赤ちゃんはどんな形をしている?
1.4 赤ちゃんの身長は?
2 妊娠5週目のママの様子
2.1 妊娠したかなと思ったら
2.2 つわりは赤ちゃんを無事に育てるためのもの
2.3 メンタル面も変化します
2.4 トイレも近くなります
3 妊娠5週目に気をつけたい食生活
3.1 食べすぎに注意
3.2 野菜を意識して
4 産院を決めておきましょう

ぜひ参考にしてみてください!
次回もお楽しみに♬

もしかしたら妊娠?知っておきたい妊娠4週目のコト

ベイビーズ運用スタッフの都木(タカギ)です。

今回は
『もしかしたら妊娠?知っておきたい妊娠4週目のコト』
についてお伝えします。

目次
1 妊娠4週目の赤ちゃんの様子
1.1 赤ちゃんの器官が作られはじめます
1.2 心臓が作られはじめます
2 妊娠4週目のママの様子
2.1 体調の変化
2.1.1 疲労感
2.1.2 吐き気、胃がむかむかする
2.1.3 乳房
2.2 胎盤も働きはじめます
3 妊娠4週目に気をつけたい食生活
3.1 ダイエットはやめましょう
3.2 ミネラルを積極的に摂りましょう
3.3 妊娠中に気をつけたい魚介類
3.4 食品添加物には気をつけて
3.5 栄養補助食品を上手に利用して
4 妊娠4週目に気をつけたい生活習慣
4.1 アルコールには注意
4.2 カフェインには注意

ぜひ参考にしてみてください!
次回もお楽しみに♬

受精から着床へ!知っておきたい妊娠2週目のコト

ベイビーズ運用スタッフの都木(タカギ)です。

今回は
『受精から着床へ!知っておきたい妊娠2週目のコト』
についてお伝えします。

目次
1 妊娠2週目の赤ちゃんの様子
1.1 新しい生命の始まり
1.2 細胞として初めて役割が決まる
2 妊娠2週目のママの様子
2.1 胚盤胞はママの中の異物?
2.2 細胞から赤ちゃんになる準備へ
3 気をつけたい妊娠2週目の食生活
3.1 母乳育児中は鉄分不足に要注意!!
3.2 葉酸は遺伝子を作るビタミン
3.3 たんぱく質は赤ちゃんのカラダの材料
4 妊娠したかな!?と思う兆候は?
5 妊娠2週目には性別が決まる?

ぜひ参考にしてみてください!
次回もお楽しみに♬

赤ちゃんと対面!知っておきたい妊娠3週目のコト

ベイビーズ運用スタッフの都木(タカギ)です。

今回は
『赤ちゃんと対面!知っておきたい妊娠3週目のコト』
についてお伝えします。

目次
1 妊娠3週目の赤ちゃんの様子
1.1 細胞から赤ちゃんへ
1.2 赤ちゃんの成長が始まります
2 妊娠3週目のママの様子
2.1 ついに赤ちゃんとつながります
2.2 カラダに変化が起こりはじめます
3 つわりはいつから?原因や対処法は?
3.1 なぜつわりが起こるの?
3.2 つわりを軽くするには?
3.3 つわりにはハーブもオススメ
3.4 疲れをとるのも大切
4 この時期に注意して欲しいことは?
4.1 食生活に気をつけて
4.2 とくに気をつけたい栄養素は?
4.3 葉酸の過剰摂取は逆効果?
4.4 タバコはやめましょう

ぜひ参考にしてみてください!
次回もお楽しみに♬

妊娠中の異常②

常位胎盤早期剥離

正常な位置にある胎盤は、ふつうは赤ちゃんが産まれてから出てきますが、何らかの理由で出産前に子宮内面からはがれてしまうことを常位胎盤早期剥離といいます。
妊娠8カ月以降に起こりやすいトラブルで、突然、、激しい腹痛と子宮収縮が起こり、おなかが板のように固く張ります。押すと激しい痛みがあり、顔面蒼白、冷や汗が出てショック状態になることがあります。
原因は不明ですが、妊娠中毒症の人に多く見られるため、注意が必要です。また、高いところから落ちて腹部を強く打ったり、外から強い打撃が子宮に加わったりするとおこることがあります。
輸血やショックの処理をしつつ、帝王切開で胎児と胎盤を取り出します。赤ちゃんと母体をつなぐライフラインの胎盤がはがれるので、母子とも命にかかわります。少しでも兆候があったらすぐに救急車を呼び、病院へ急ぎましょう。

前置胎盤

ふつう受精卵は、子宮のうえのほうに着床し、そこに胎盤ができます。ところが、胎盤が下の方にできてしまい、子宮口の一部もしくは全部を覆ってしまうことがあります。この状態を前置胎盤といいます。
最近は超音波検査により早い時期に胎盤の位置がわかることで前置胎盤の診断も可能となります。妊娠後期、おなかは痛くないのに出血がしばしばみられます。その後、分娩近くになると、今度は突然大出血したりします。鮮紅色の大量出血があるものの、痛みがないのが特徴です。
原因はよくわかりませんが、子宮内膜に子宮内膜炎や人工妊娠中毒、筋腫核出手術などによる炎症や傷があった場合におこるとされています。
前置胎盤といわれている人は、妊娠後期、少しでも出血があったらすぐに病院に行ってください。お産はほとんど帝王切開になることが多いのですが、胎盤の位置や出血の状態によっては、自然分娩できることもあります。

妊娠中期7カ月(24~27週)のママへ

あお向け寝が苦しくなります

妊娠中期7カ月頃になると、子宮はおへその位置よりも上がり、おへそのあたりまでふっくらし始めます。大きくなったおなかの影響や、ホルモンの影響で骨盤の関節が緩み、腰痛がひどくなることもあります。
またおなかの皮膚が引き伸ばされると、みみず腫れのような赤紫色の線(妊娠線)ができることがあります。体質にもよりますが、急激に体重が増加するとできやすく、産後も白い筋として残ってしまいます。そろそろ仰向けに寝るのが苦しいころです。シムスの体位などの、楽な姿勢で休むといいでしょう。

羊水の中でくるくると回転できます

耳や目で得た情報を脳へ送る配線が完成します。胴や手足が長くなり、目もレンズ部分が現れます。たいていは目をつぶっていますが、超音波検査で、まばたきをするところに出会えることも。脳の発達はさらに進み、体全体の機能をコントロールできるようになります。羊水の中でくるくると回転して、自分で向きを変えることもできます。この時期は産院で骨盤位(さかご)といわれることもありますが、出産までには、頭位(頭が下)になることが多いので、今心配することはありません。